send link to app

AOSS



無料

バッファローのAOSSで、Wi-Fiをエアステーションにかんたん接続!(株)バッファローのエアステーション無線親機と、Android端末とのWi-Fi接続を、かんたんに設定できるアプリです。アプリの画面に従って無線親機のAOSSボタンを押すだけで、Wi-Fi接続を自動で行います。AOSS2にも対応しています。
[使用上のご注意]「設定の変更が必要です」と表示された場合- 画面上の手順に従って、端末の設定を変更してください。- 該当する設定項目がない場合は [無視] をタップしてください。
Android 7.0以降でAOSS2を行う場合、機内モードにしてください。
Android 6.0以降で、AOSS2の接続先(!AOSS-XXXX)に接続すると、「Wi-Fiネットワークにログイン」という通知が表示されることがあります。この通知はタップせずに無線親機の取扱説明書に従って操作してください。
Android 6.0以降では、OSの仕様により、位置情報へのアクセス許可が必要です。画面の案内に従って設定してください。なお、本アプリが位置情報を収集することはありません。
Android 6.0以降でNO_PACKET_SEQエラーが表示される場合は、端末のモバイルデータ通信を無効にしてお試しください。接続完了後、モバイルデータ通信を有効に戻してください。
エラーが表示されてWi-Fi接続ができない場合は、次のことをお試しください。- Android端末の再起動。- 無線親機の再起動。- 他のアプリの終了。- 無線親機の近くでの実行。- 無線親機のチャンネル設定の変更。- 無線親機の2.4GHz帯の無線チャンネルを12、13チャンネルに設定して使用している場合、1~11チャンネルへの変更 (Android端末が12、13チャンネルに非対応の場合があります) 。- 無線親機の5GHz帯の無線チャンネルを52~140チャンネルに設定して使用している場合、36~48チャンネルへの変更 (Android端末が52~140チャンネルに非対応の場合があります) 。- 無線親機が 2.4GHz(11g) / 5GHz(11a) 切替モデルの場合、2.4GHzへの変更。- Wi-Fiを制御するアプリをインストールしている場合は、そのアプリの終了もしくはアンインストール(Wi-Fi管理アプリや Wi-Fi通話アプリなど)。- 不要なWi-Fiネットワーク設定の削除。
[動作確認済みOS]- Android 2.1 (Eclair)- Android 2.2 (Froyo)- Android 2.3 (Gingerbread)- Android 3.0 / 3.1 / 3.2 (Honeycomb)- Android 4.0 (Ice Cream Sandwich)- Android 4.1 / 4.2 / 4.3 (Jelly Bean)- Android 4.4 (KitKat)- Android 5.0 / 5.1 (Lollipop)- Android 6.0 (Marshmallow)- Android 7.0 (Nougat)
[動作確認済み端末]- Nexus 5- Nexus 5X- Nexus 6- Nexus 6P- Nexus 7(2013)- Nexus 9
過去の動作確認済み端末については弊社 Web サイトをご確認ください。http://buffalo.jp/taiou/mobile/android_app/aoss.html
[対応無線親機 (アクセスポイント) ]AOSS (AirStation One-touch Secure System) を搭載した無線親機。無線親機がお使いの端末のOSに対応しているかご確認ください。過去の動作確認済みの無線親機については弊社 Web サイトをご確認ください。http://buffalo.jp/taiou/mobile/android_app/aoss.html
* 下記の無線親機には対応していません。- WAPM-APG300N- WAPM-AG300N- WHR-AMPG
* 一部のAndroid端末にはAOSS機能が標準搭載されています。画面表示が異なりますが、機能面の差異はありません。* AOSSは株式会社バッファローの商標です。